Loading...

クレジットカードの審査が必要書類に件に関する情報

クレジットカードは就活終わったら作ろう

就活が終わり社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとしてクレジットカードを挙げる人が多いと聞きます。

できれば大学生のうちに持つべきという人もいるくらいです。

その理由としては、早いうちからクレカ決済をクレジットヒストリーが積み上がる利点が大きいからです。

クレジットヒストリーがあるとローン審査で有利になります。

逆にここでカード決済のトラブルが何度も続くとクレヒスが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく水道料金や携帯料金をうっかり払い忘れても信用情報にキズがつきます。

高額な買い物をする際やネットショッピングなどでクレジットカードはとても便利ですがカード会社に申し込み、審査に合格しないと発行されません。

申し込み時に重要なのは安定した収入があるかとクレヒスです。

信用情報とはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返済されるかなどの記録です。

そのため、ローンの返済期限や公共料金の支払いなどはきっちり払うことは大切です。

最近、増えているのがほぼ全国民が持っている携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、引き落とし日に口座にたまたまお金がお金が入っていなくても止まることがあるので気をつけましょう。

最近、ライブチケットなどでクレカ支払いのみ対応などクレジットカード支払いのみ対応などクレカが必要な時が増えてきました。

普段からクレカを利用している方はいいのですが持っていない場合はカードの発行元に申し込んで発行しなければいけません。

初めてカードを発行する場合、特に心配なのが審査がどう行われているのか、基準は厳しいのかということです。

審査のポイントとしては、継続して安定した収入があるのかという部分と他にローンを借りているかなどの信用情報です。

収入面は年収からいくらまで貸せるかや返済能力があるのか、信用情報は滞納せずに返済してもらえるのかを見ています。

周りの人にあまり知られたくないことってありますよね。

例えば、ローンやクレジットカードの申し込みをしたことなどです。

そのため、カードが欲しいのに在籍確認の電話の有無やその際にどんな質問をされるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に在籍確認の連絡があるのかデータがないか調べたところ実際にカードを作った300人にアンケートをして、約2割の人が電話がかかってきたという調査が見つかりました。

この結果から絶対に連絡のないカード会社というものはないと考えられます。

ただ、カード会社によってはその確率が低い場合もあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は申込者が多く機械でのスコア審査を導入しています。

買い物をする際に現金の持ち合わせがないときやネットショッピングなど利用する場面の増えているクレジットカードですが新社会人の方などはまだ持っていないこともあります。

最近では、ライブなどのイベントで転売防止で電子チケットが採用されることも増え、クレカ払いのみできるなんていうこともあります。

そんな時に、クレカを持っていない方は諦めてしまうこともありますが即日発行できるカードなどが最近では出てきています。

主に、イオンカードや消費者金融系のカード会社です。

流れとしてはWEB申し込みをして審査が30分以内に終わり、審査に合格していれば店頭でその日のうちに発行できます。

ローンなどの金融関係の申し込みを行う時に必ず、勤続年数を記載する欄がありますよね。

審査でどんな影響を与えるのかが気になったので調べてみました。

クレジットカードの場合、勤続年数1年以上が条件になっていることが多いですが新社会人などの若者をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では返済履歴などの信用情報のように重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職する人も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報を書いてしまうこともあります。

その場合、古いクレジットカードの利用履歴が出てきたら嘘の情報がすぐにバレてしまうことになます。

クレジットカードで確認事項

高額な買い物をするときの支払い方法を皆さんはどうしていますか?現金でしか払わないと決めている人も中にはいると思いますが多くの方は現金を持たなくていいので楽な反面、ただ、大学生や社会人になりたての場合は持っていない場合もあるのでその場合、カードの発行をお勧めします。

初めてカードを発行するときについて説明します。

申し込みをするには窓口も兼ねた提携ショップで申し込む方法や手軽にできるインターネットでの申し込みがあります。

結果がわかるまでの審査期間は即日が多いです。

実際にカードが届くまでは1週間から2週間くらい時間がかかります。

ローンなどのお金関係の申し込みを行う際に必ず、勤続年数を記載する欄が用意されています。

審査でどんな影響を与えるのかが気になったので調べてみました。

クレジットカード申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では返済履歴など確認が重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそこまで大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、最近では転職する人も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報を書いてしまうこともあります。

そこで古いクレジットカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

よくCMなどで見るクレジットカード会社と聞いて思い浮かべるのはどの会社ですか?多くの人は楽天カードを思い浮かべるのではないでしょうか。

実際に多くの人が持っていて利用しているカードです。

クレカを作ろうと思っている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用取引履歴です。

勤務先の情報などうっかりで入力ミスをした場合でも虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなる可能性があるので気をつけてください。

ショッピングをするときに便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカードは作れるの?という質問を見かけます。

結論から言うと審査なしでカード発行はできません。

基本的に申し込み時に審査が必ずあります。

なぜかというとカードを発行する企業からすると貸したお金が返ってこないということが1番避けたいことです。

なので申し込みが入ると提供された情報からいくらまで貸せるか、前に返済が止まっていたことがないかを確認しています。

若い人が見落としがちなのが携帯料金の未払いです。

1回だけなら大丈夫なことも多いですが複数回滞納すると落ちる可能性が高まります。

就職をして社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとしてクレジットカードを挙げる人も多いです。

なるべくなら大学生のうちに作っておくべきという人もいるくらいです。

どうしてかというと、早いうちからクレカ決済を利用してクレジットヒストリーが積み上がる利点が大きいからです。

クレヒスが良いとローンを組む際の審査で有利になります。

逆に作ってはいいもののカード決済の返し忘れが複数回続くと信用情報が悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく水道料金や携帯料金の払い忘れもクレヒスに影響があります買い物をしようと思っても現金の持ち合わせがないときやネット通販など利用する場面の増えているクレジットカードですが若い人はまだ持っていない場合もあります。

最近では、ライブなどのイベントで転売防止で電子チケットが採用されることも増え、先行抽選時はクレカ払いのみなんていうこともあります。

そんな時に、クレカを持っていない場合、諦めてしまうこともありますが即日発行できるカードなどが最近では出てきています。

主に、イオンカードや消費者金融系のカード会社です。

流れとしてはWEB申し込みをして審査が30分以内に終わり、合格していれば店頭でその日のうちに受け取れます。