Loading...

クレジットカード審査が必要書類ことのメリットとデメリットは?

クレジットカード通らない可能性ある

家電などの高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしていますか?現金主義な人の場合は現金払いだと思いますが多くの方は現金を持たなくていいので楽な反面、ただ、社会人になりたての場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを作らないと利用ができません。

申し込みをするにはショッピング施設で申し込む方法や申し込みをするにはショップ窓口で申し込む方法やスマホなどで手軽にできるネットでの申し込みがあります。

申し込みをする際に年収や引き落とし口座などを聞かれるので事前に確認しておきましょう。

実際にカードが届くまでは1週間から2週間くらい時間がかかります。

クレジットカードの審査について周りの人に聞くと勤務先に電話で在籍確認が来るという人と来ないという人がいます。

中には、カードを作る際に連絡をされたくない人もいると思います。

ただ、電話が絶対かかってこないカード会社というものはなく連絡の可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の特徴としては、スピード審査を売り文句にしている会社です。

スピード審査の場合、1日の申し込み数が多くに、人の力だけで全てを確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、電話が来る可能性が少ないと言われています。

ネットショッピングをするのにクレジットカードがあると便利なのでクレカが必要になり申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。

落ちる原因として多いのが信用情報にキズがあることです。

例えば、以前借りていたローンの返済を滞納してしまった、水道料金などの支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものをしっかり払えていないとクレカを利用した後に引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあり、返済されないと思われてしまうからです。

ここ数年で増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人は金融知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

ネットで買い物する際に使うクレジットカードが欲しいと思い調べてみるとカードを発行している会社やカードの種類が多くてなにを選択したらいいかわからないという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社の場合は、独自の審査基準を持っている場合が多く審査に通るのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉を聞いたこともあると思いますがこの2つに関しては年間のカード使用額が一定以上になった時などにカード会社から案内されないと作れません。

自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

カード審査では年収と信用情報が重要と言われています。

早くカードを手に入れたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

就職をして社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとしてクレジットカードを挙げる人が多いと聞きます。

大学生のうちに持っておくべきという人もいるくらいです。

その理由としては、早いうちからクレカ決済を返済することでクレジットヒストリーが積み上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローンを組む際の審査で有利になります。

逆にカード決済でトラブルが複数回続くとクレヒスが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく水道料金や携帯料金の払い忘れもクレヒスに影響があります高額な買い物をする際に現金を準備せずに買い物ができる便利なクレジットカードですがカード会社に申し込みをして審査に通らないと発行されません。

審査で重要なのは安定した収入があるかとクレジットヒストリーです。

信用情報とはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返済されるかなどのデータです。

そのため、ローンの返済期限や公共料金の支払いなどはきっちり払うことは大切です。

最近、若い人に増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、引き落とし日に口座にたまたまお金がお金が入っていなくても止まることがあるので気をつけましょう。

クレジットカード持っている?

大きい買い物をする際やネットでの買い物など使う場面の増えてきたクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いと思います。

まだカードを作っていない人にとって不安なのは審査基準がどうなっているのか不明で落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとは、ローンなどの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社はこの支払い情報を記録している機関に情報照会をして過去にトラブルが発生していないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので未納などに気をつけましょう。

よくCMなどで見るクレジットカード会社と聞いて思い浮かべるのはどの会社ですか?多くの人は楽天カードを思い浮かべるのではないでしょうか。

CMのおかげか、実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカを作ろうと考えている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが最も知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

他のカード会社と同じく、審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたクレジットなどの信用取引履歴です。

勤務先の情報などをうっかり入力ミスで間違えても虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなることもあるので注意してください。

クレジットカードを作りたいと思い調べてみるとカード会社やゴールドカードなど種類が多くてどれを選べばいいかわからないという場合もあるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を設けている場合が多く審査に通るのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという単語をテレビなどで聞いたこともあると思いますがこの2つに関してはカード会社から案内されないと作れません。

自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

自分から申し込む場合は年収と信用情報が審査で重要と言われています。

少しでも早くカードを手に入れたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

ここ数年、イベントのチケットなどが電子チケット化し始め、クレジットカードが必要なタイミングが増えてきました。

現在、クレカを持っている方は問題ないですが持っていない場合はカードの発行元に申し込んで発行しなければいけません。

初めてカードを発行する場合、特に心配なのが審査がどうなっているのか、厳しいのかということです。

審査のポイントとしては、安定した収入があるのかという部分とローンや公共料金の支払い滞納がないかなどの信用情報です。

収入面は年収などから返済能力がどのくらいあるのか、信用情報は滞納せずに返済してもらえるのかを見ています。

ネットショッピングをするのにクレジットカード払いのみの場合があるなどクレカが必要になり申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。

落ちる原因として多いのがクレジットヒストリーに問題があることです。

例えば、以前借りていた別のカード支払いを滞納してしまった、水道料金などの支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものはしっかり返済していないとクレカを発行した後に利用した際、引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあると判断されてしまうからです。

最近増加しているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人は金融知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

クレジットカードをまだ持っていない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に落ちると考えている人もいるようです。

都市伝説的に言われている契約社員やアルバイトではカードが作れないというウワサ話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイト待遇でも作ることはできます。

では、雇用形態が非正規でカードを作る際に重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったコースに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に問題がないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している顧客像があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方向けや30歳以上など設定されています。