Loading...

クレジットカードの審査の必要書類が気になりませんか?

クレジットカード作り方

家事手伝いと専業主婦、両方とも仕事で収入を得ていないのは同じですが、クレカを作る際に同じように感じますが、実際は大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いと載せたした場合はほぼどのカード会社でも審査に通らないと考えていいと言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社次第ですが審査に通ることがあります。

なぜかというとどちらも収入はないですが、養ってくれる夫の存在がでかいからです。

正社員として継続して安定した収入がある夫がいれば返済も問題ないだろうと判断できるためです。

作ってもあまり使わないということもあるためクレジットカードを新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。

周りの人にできれば知られたくないことってありますよね。

ローンを組むことやクレジットカードを作ることと答える人は多いと思います。

そのため、クレカを作りたいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を聞かれるか不安で申し込めないという人もいるようです。

そもそも本当に在籍確認の連絡があるのかデータがないか調べたところ実際にカードを作った300人にアンケートを行った結果、300人のうちの約2割の人が電話がかかってきたという結果になっていました。

そのため、絶対に連絡のないカード会社はないということです。

ただ、申し込むカード会社によってはその確率が低いこともあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は申込者が多く機械でのスコア審査を導入しています。

クレジットカードについて調べているとこのような話が見られます。

それは住宅ローンを組んでいてもクレカは作れるの?ということです。

そういった話をしている人の中で、銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは特に関係ないという人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報を記録しているので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを問題なく返済できていれば逆にプラスに判断される場合もあるくらいです。

問題なくローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性などの別の部分を疑ったほうがいいでしょう。

見落としがちな原因は公共料金の払い忘れなどです。

ネットショッピングをするのにクレジットカードがあると便利と聞いて申し込んだら審査落ちしてしまったけど原因がわからないという話を聞きます。

落ちる原因として多いのが信用情報にキズがあることです。

例えば、以前借りていたローンの返済を滞納してしまった、公共料金の支払いをうっかり忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日などがあるものをしっかり払えていないとクレカを使って買い物をした後に引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあると思われてしまうからです。

ここ数年で増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人はクレカなどの知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

最近、イベントなどで電子チケットの利用が増加してきており、イベントによってはクレジットカード払いのみなどほぼ必需品のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、クレジットカードを作ろうとした際に審査通らないということがないように大切なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは安定した収入があるかや職業などはどうなのか、信用情報は大丈夫かという実績です。

例えば、正規雇用ではなく、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると聞くことも多いです。

信用情報については支払い期限があるものがちゃんと払われるかを見られています。

ローンやクレジットカードを申し込む際に大切なことって何かわかりますか?年収という人もいれば、信用情報という人もいます。

場合によっては職業などの申込者の属性をあげる人もいますね。

では、実際にこれらは審査に当たってどんな判断につながるのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があれば利用できる金額や毎月の返済額がいくらまでなら大丈夫なのかを計算しています。

職業などの部分も正規雇用なら安定した収入が見込める、収入が不安定なアルバイトなのかを見ています。

信用情報は公共料金の支払いなどが問題なく払われているかを見ており、ちゃんと期日通りに支払いが行われるかを見ています。

クレジットカード商業施設で利用可能

ローンやクレジットカードを申し込む際に重要なことって何を思い浮かべますか?年収を挙げる人もいれば、信用情報をあげる人もいます。

場合によっては職業などの属性という人もいますね。

では、実際に審査ではどんな影響があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入はいくらまで利用できるかや毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫なのかを計算しています。

職業などの部分も安定した収入が見込める正社員か、非正規雇用の場合は収入が不安定に見られることが多いです。

信用情報は公共料金の支払い期日などが守られているかを見ており、期日を守って支払いが行われるかをチェックしています。

高額な買い物をするときの支払い方法を皆さんはどうしていますか?現金主義な人もいると思いますが多くの方はクレジットカードを使う方が多いのではないでしょうか。

ただ、大学生や社会人になりたての場合は持っていない場合もあるのでその場合、カードの発行をお勧めします。

ここでは、初めてカードを発行するときについて説明します。

申し込みをするには商業施設で申し込む方法やスマホなどで手軽にできるネットでの申し込みがあります。

申し込み時に年収などを記入する必要があるので事前に確認しておきましょう。

審査期間は即日というところが多いですが実際にカードが届くまでは2週間前後かかります。

最近、イベントなどで電子チケットが普及してきました。

イベントによってはクレジットカード払いのみなどほぼ必需品のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、クレジットカードを申し込んだ時に審査通らないということがないように重要なポイントをチェックしておきましょう。

審査時に重要なのは安定した収入があるかや職業などの属性がどうなのか、クレジットヒストリーは問題ないかという部分です。

例えば、正規雇用ではなく、フリーターなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると言われています。

信用情報については支払い期日があるものをちゃんと払う人なのかを見られています。

クレジットカードを申し込んだ時にカード会社側にはどうやって収入情報を確認しているのでしょうか。

実は審査の時に確認しているのは収入だけではないんです。

まぁ全国の会社の年収の平均を調べる方法がないので当然ですね。

そのため、どんな方向から年収情報を見ているのかというと過去の申し込み者の中からその業界、職種で勤続年数が何年くらいだからそのデータと照らし合わせて怪しい部分がないか見ています。

そのデータと照らし合わせて変な部分がないかと見ています。

乖離が激しい場合、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

乖離が大きく、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

家事手伝いと専業主婦、この2つは似ているようのも感じますがクレジットカードを作る時には大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いと書いてある場合、ほぼどのカード会社でも審査に落ちると考えていいと言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社によっては審査に通ることがあります。

なぜかというと主婦の場合は養ってくれる夫の存在があるからです。

夫が正社員として働いていて継続して安定した収入が見込めれば返済も行われるだろうと判断できるためです。

カードを作ってもあまり使わないということもあるためカードを新たに作る時は年会費無料のカードを申し込みましょう。

高額な買い物をする際に現金を用意せずに買い物ができるクレジットカードは非常に便利ですがカード会社に申し込み、審査に通らないと発行、利用できません。

審査で重要なのは継続して安定した収入が入るのかと信用情報です。

信用情報とはどういった情報なのかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返済されるかなどの記録です。

そのため、ローンや公共料金など支払い期日があるものはきっちり払うことが重要です。

最近、若い人に増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れだけでなく、たまたま口座にお金がお金が入っていなくても止まることがあるので気をつけましょう。