Loading...

クレジットカードの審査の2ch必要書類を徹底検証

クレジットカード返済履歴が大事

クレジットカードを作りたいと思い調べてみるとカードを発行している会社やカードの種類が多くてどれを選べばいいかわからないという場合もあるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を作っている場合が多く審査に合格するのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉をドラマなどで聞くこともありますがこの2つに関しては年間のカード使用額が一定以上になった時などにカード会社から案内されないと作れません。

一般的に自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

申し込む場合は年収と信用情報が重要と言われています。

少しでも早くカードを手に入れたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

ローンなどのお金関係の申し込みを行う際に勤続年数を記載する欄が必ずありますよね。

審査でどんな意味を持つのかが気になったのでネットで調べてみました。

クレジットカードの場合、勤続年数1年以上が条件になっていることが多いですが社会人なりたての人をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では返済履歴など確認が重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそこまで大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職する人も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報・誤った情報を書いてしまおうか考えてしまう人もいます。

古いクレジットカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなり働いている期間がバレてしまうことになます。

PCなどの高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?現金で支払う人もいると思いますが多くの方はクレジットカードで払う方が多いのではないでしょうか。

便利な反面、大学生や社会人になりたての場合は持っていない場合もあるのでその場合、カードの発行をお勧めします。

初めてカードを作るときについて説明します。

自宅から手軽にできるネットでの申し込みがあります。

手軽にできるインターネットでの申し込みがあります。

申し込みでは年収などを聞かれるので事前に確認しておきましょう。

結果がわかる期間は即日というところも多いですが実際にカードが届くまではもう少し時間がかかります。

買い物をするときに便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカード発行できると書いている人を見かけます。

結論から言うと審査なしでカードは発行されません。

申し込み時に必ずカード会社側で審査をします。

なぜかというとカードを発行する企業からすると貸したお金が返ってこないということが1番困ることです。

なので申し込みが入ると年収などを見ていくらまで貸せるか、前に返済を滞納していたことがないかを確認しています。

若い人が増えてきているのが携帯料金の未払いです。

公共料金の払い忘れなどはカード審査だけでなくローン審査にも関わるので気をつけましょう。

クレジットカードについて調べていると時々このような話を聞きます。

それは住宅ローンを抱えていてもクレカは作れるの?ということです。

そういった話の中でたまに、銀行機関で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは別になっていて関係ないと思っている人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報を記録しているので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを滞りなく返済できていれば逆にプラス材料として判断されることもあるくらいです。

問題なくローンの返済ができている状態で審査に通らなかった場合は、申込書に書いてある属性などの別の部分が原因と考えたほうがいいでしょう。

見落としがちなのは不注意からくる公共料金の払い忘れなどです。

よくCMなどで名前を見るクレジットカード会社と聞いて思い浮かべるのはどの会社ですか?大半の人は楽天カードを思い浮かべるのではないでしょうか。

実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカが欲しいと思っている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところだと思い、実際に調べてみました。

審査で重要とされているのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用取引履歴と言われています。

勤務先の情報などうっかり入力ミスでも虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなる可能性があるので気をつけてください。

クレジットカード属性別

最近、イベントのチケットなどで先行抽選分はクレカ支払いのみなどクレジットカードが必要な場面も増えてきました。

現在、クレカを持っている方はいいのですが持っていない場合はカードの発行元に申し込んで発行しなければいけません。

初めてカードを発行する場合、気になるのが審査がどう行われているのか、基準は厳しいのかということです。

審査のポイントとしては、継続して安定した収入があるのかという部分とローンや公共料金の支払い滞納がないかなどの信用情報です。

収入面は返済能力に問題がないか、信用情報は期日通りにちゃんと返済してもらえるのかを見ています。

ローンやクレジットカードを申し込む際に重要なことって何かわかりますか?収入を挙げる人もいれば、信用情報をあげる人もいます。

場合によっては職業などの属性と答える人もいます。

では、実際にこれらの要素は審査に当たってどんな意味があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があればいくらまで利用できるかや毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫なのかを見ています。

職業などの部分も安定した収入が見込める正社員か、アルバイトの場合は収入が不安定に見られることが多いです。

信用情報は公共料金の支払いなどが問題なく払われているかを見ており、期日を守って支払いをする人かを見ています。

就職をして社会人になった際になるべく早く用意したいものとしてクレジットカードを挙げる人も多いです。

できれば大学生のうちに持つべきという人もいるくらいです。

その理由としては、早いうちからクレカ決済を返済しておくことでクレジットヒストリーが積み上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローンを組む際の審査で有利になります。

逆にここでカード決済の返し忘れが複数回続くと信用情報が悪化し、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく水道料金などの公共料金や携帯料金の払い忘れをしても影響があります。

クレジットカードをまだ持っていない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に通るかわからないという人もいるようです。

都市伝説的に言われている契約社員やアルバイトではカードが作れないという話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイトなどでも作ることはできます。

では、アルバイト待遇でカードを作る際の審査で重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったコースに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している条件があり、例えばゴールドカードの場合は年収400万円以上の方向けが多いです。

ローンなどの金融関係の申し込みを行う時に必ず、勤続年数を記載する欄がありますよね。

審査でどんな意味を持つのかが気になったので調べてみました。

クレジットカードの場合、申し込みは勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人などの若者をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では返済履歴など重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職する人も増え、転職したばかりの人が申し込む際にカードが欲しいために盛った情報を書いてしまうこともあります。

そこで古いクレジットカードの利用履歴が紹介して出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

クレジットカードを申し込んだ時にカード会社側には収入証明を提出していないのにどうやって収入情報を審査しているのでしょうか。

知っているかもしれませんが、審査の時に確認しているのは収入だけではないんです。

まぁ全国の企業の年収の平均を知る方法がないので当然のことですね。

そのため、どんな方向から年収情報を見ているのかというと過去の利用者の中からその業界、職種で勤続年数が何年くらいだからそのデータと照らし合わせて怪しい部分がないか見ています。

そのため、よほどの乖離がなければ本人申告された年収で評価が行われます。

乖離が激しい場合、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

申し込み内容が怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。