年会費無料でgoodなetcカードをチョイスしてみる

高速道路を利用する車の9割がETCカードを使っていると聞きます。

現在持っていない方がカードを発行するにはクレジットカードの申込みが必要です。

すでにクレカを持っている方は追加で発行してもらうことも可能ですが2枚目、3枚目のクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

持っていない方やサブクレカを作ろうとしている方向けにポイント還元などの面からどのカード会社に申し込めばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない方ならライフカードなどの年会費無料を選ぶといいでしょう。

楽天でよくネットショッピングをされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高く他にも特典のつく楽天カードという選択肢もあります。

車に乗る頻度やカードごとの特典を調べて自分に合ったカードを探してください。

知っているようで知らないルールってありませんか?例えばETCの正しい使い方・注意点はどうでしょうか。

NEXCOの公式サイトで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードにはクレカ同様に有効期限があるので車に乗る前に有効期限を確認しましょう。

車に乗ったら車載器にカードを挿入することになりますがカードの向きが違う、しっかりと挿入されていないと状態では認識しません。

ETCレーンに入る際はレーンエラーなどで信号が赤になっていないかの確認とレーン内では時速20km以下の速度で通行してください。

もし何らかの理由でレーン出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車をバックさせて出るのではなく、インターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

車で遠くに出かけるときに便利なETCカードですが、取扱会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

カード会社によってどんな違いがあるのでしょうか。

多くの人が見る部分が年会費や更新費用でしょう。

年会費については大きく分けて3つに分類され、1年間利用するしないに関わらず、年会費無料のタイプ、年間で1回以上の利用があると年会費がかからなくなるなどの条件付きタイプ利用額や頻度に関係なく年会費が発生するタイプに分かれています。

同様に更新費に関しても無料と有料のカードがあり、発行費が有料の場合、ほとんどの場合更新費も有料になっていることが多いです。

皆さんは普段、高速を利用する時にETCカードは利用されていますか?もし利用していないならすごくもったいないです。

ETC利用で高速道路の料金割引が適用されるからです。

例えば、NEXCOが管理している地方部の道路利用料が30%オフになるんです。

他にも休日割引や深夜割引といったサービスも行っているようです。

また、割引が適用されない区間でも多くの方が経験したことのある料金所の一般レーンの渋滞をできるだけ回避して通過できます。

ここまで読んで損してたなぁ、カード作らなきゃと思った方は所持しているクレカ会社に追加で発行してもらうか新規でクレカを申し込む際に一緒に発行してもらいましょう。

高速道路の料金所で専用レーンを通過できて便利なETCカードですが少し気になったことがあります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結論から言うとバイク用のETC車載機も存在します。

調べてみたところ、ハンドル周りに機会を設置することになる「一体式」とカードリーダー部分をシート下にしまえる「別体式車載器」の2種類があるようです。

一体式のメリットとしては、配線が少なく済むことや取り付けが比較的楽な面がありますが、ETC通信の誤作動防止のためにハンドル周りに設置することになり操縦性が下がったり、盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目がコンパクトになり、シート下にしまうため防犯性が高い反面、一体式に比べ価格が高くなりがちで配線も一体式に比べ多くなるデメリットがあります。

買い物の支払いなどの場面で付与されるポイントですがクレカ会社が発行しているETCカードで高速を無線走行しているだけでもポイントが加算されるのを知っていますか?例えば楽天カードで買い物をした時にはスーパーポイントが利用額に応じて還元されますがETC利用でも同様にポイントが付与されます。

付与率に関しては楽天カードのようにETCでも同率で付与されるカードもありますが、大半はETC利用時の付与率は少なくなっていることが多いようです。

参考:年会費無料のETCカードランキング【ETCカードの作り方】

最近では少なくなっていますが、ポイント付与がないカードもあるようなので高速道路をよく利用する方は還元率の面から選ぶのもいいかもしれません。

「大学生のうちにクレジットカードを作っておこう」と言うアドバイスを聞いたことがあります。

学生にクレカはまだ早いんじゃない?と思う方もいると思いますが学生専用のクレカも用意されているので社会人になってカードが必要になる前に申し込みをしましょう。

また、審査が優遇される以外にも学生限定カードだとポイント還元率のアップやある年齢まで継続使用しているとゴールドカードへ自動ランクアップなどのメリットもあります。

その際、車をお持ちの方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

ネットショッピングなどでクレカを利用・返済し続けることでカード会社と個人信用情報機関にクレジットヒストリーというものが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを作ることで住宅ローンなどが組みやすくなります。

高速道路の料金所で止まらずにスムーズに通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですが皆さんも使っていますか?NEXCO東日本のHPに載っている利用率調査によると平成30年3月に高速道路を走行した中の約90%の車で使われていたそうです。

ほとんどの方がETCを利用しているということです。

例えば東京湾アクアラインでは普通車のETC料金が800円ですが一般レーンの利用料金では約3000円と大きく違います。

こういった話を聞くとETCを使っていないと損している気分になりますよね。

気になるカードの申し込み方法ですがすでにクレカをお持ちの方は追加で発行、持っていない方は新規でクレカ申し込みする際に一緒にETCカードの申し込みができます。

この前、インターネットを見ていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、現金レーンでの支払いをETCカードで払えるということです。

料金所でカードを係員に手渡すことで支払い処理を行ってもらえるのですが基本的にはETCでの通行は入口?出口まで無線通行が原則となっており通行に関する情報が把握できないため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーなどで無線通行不可になっている場合は、料金所の係員に「車載器を搭載している」ことを話してカードを渡して処理後車載器に挿入してください。

出口料金所を利用する時に料金所がない入口を通行していた場合は料金算出の距離がどこからになるか不明になるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口を起点に計算されるようです。

高速道路などを利用するときなどに割引が適用されたり一般レーンと比べて料金所で止まらずに通過できお得なETCカードですが高速道路を使わない時のカードの取り扱いを皆さんはどうしていますか?ネット上を見てみると多くの人が同じ疑問を持っていたようです。

入れっぱなしの人の意見を見ると「高速に乗る段階になって挿入し忘れるのがいやだ」、「もし盗難されてもETC以外で悪用されないから気にしない」という意見がありました。

ただ挿しっぱなしの方の中には別のカードに変えようと思ったら起動時に認識エラーがよく起こるようになってしまったという方や車検で預ける時やレンタカーの返却時に挿したまま預けてしまったといううっかりも報告されていました。

できれば使うときに入れて使わない時は抜くようにしましょう。

高速道路の利用料金が自動で引き落とされるETCですがネットを見ていたらいろいろな質問がありました。

「ETCカードで給油時の支払いはできますか?」という質問です。

結果としては、基本的にはできません。

「基本的に」と書いた理由は、クレカ機能付きの一部カードを所持している場合は決済できるからです。

では、どの会社で申し込めばクレカ機能も付いたカードが発行されるのでしょう。

出光やコスモ石油などガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

クレカ一体型は一枚で買い物やETC走行ができるので管理が楽ですが高速道路を走っている途中でSAなどでクレカ決済をしようとすると一度車載器から抜いてからではないと決済できないという少し面倒な面もあります。